2010年10月27日

紫外線予防時期

紫外線がもっとも高くなるのは5月です。
太陽がもっとも高くなるからですね。

逆にもっとも少ない時期は日差しの少ない冬場ですが、
その冬場でも夏場よりも紫外線のUV-A量は
2分の1程度にしかならないため紫外線対策は
一年間通して必要です。

UV-Bについてはオゾンの量に影響を受けるため、
UV-Bの量がもっとも多くなるのは
オゾン量が少なくなる8月になります。


肝パワーEプラス
カタログギフトと仲良くなろう
フィギュアスケートはお好き?
posted by 美人のわたし at 18:05| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

紫外線対策

紫外線対策とは、
一口に言ってしまえば、紫外線を浴びなければいいのです。
でも、日常生活のなかで紫外線を完全に防ぐことは、
不可能に近いでしょうね。

そこで簡単にできる紫外線対策を挙げてみます。
外出時には帽子をかぶる、日傘をさす、UV対策化粧品を使うなどが、
まず思いつくことがらでしょうか。

でも、紫外線を浴びてしまったら?
食事の中で積極的にビタミンCを摂取するようにすればいいですね。
足りない分はサプリメントを活用。

こうして少しでも紫外線対策を練りましょう。

中川式【首痛・肩こり】治療法

美肌を極める

病気に負けない体づくり読本
posted by 美人のわたし at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

紫外線をシャットアウト

現在ではファッションの一つとして日焼けをしたり、
小麦色の肌を「健康的」と考える人も意外に多いようです。


また、以前は赤ちゃんの日光浴も推奨していました。適度な量の太陽光線が皮膚のビタミンD合成に役立つという考えからでした。

しかしながら、多くの皮膚専門医は、美容の大敵である
しわ・小じわ、たるみ・肌荒れの約80パーセントは
過剰な紫外線が原因であるとしています。


また紫外線は皮膚を老化させ、さらには、がんの危険性を促進するとも。

老化現象の一つである「シミ」は、
紫外線がメラニンをつくり出す遺伝子に傷をつけるのが
原因なんですね。


そればかりではありません。
紫外線は免疫力を低下させるのでウイルスに感染しやすくなったり、
悪性腫瘍が出来やすくなります。


わずか三分間、太陽光を浴びるだけで、
コラーゲンやエラスチンなど真皮の組織成分が変性してしまうのです。


一日の中で紫外線のピークは、午前10時から午後2時。
この時間帯の外出はできるだけ控えましょう。

外出時には、帽子や日傘・手袋・サングラスを利用したり、
日陰を歩く、日焼け止めクリームを塗るなどの
紫外線対策をとりましょう。


こんな便利なUVクリームもあります。
水にもツヨイのでいいですよ。↓
【シーブラン ホワイトUVブロック】ウォータープルーフの日焼け止めクリームです。パラオホワイトクレイのエキスでしっかり保湿♪気になるシミ・くすみ・赤みまでカバー!【これこれ倶楽部】
posted by 美人のわたし at 13:54| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。